さあ、かかってきなさい。



なんて実際には言えないけれど、無事に花は完成してショーウィンドウに飾った。山中さんを迎え撃つ準備は万端。



すっきりした気持ちで家に帰ることができたのだけど、もうひとつ。
もやもやとして晴れない気持ちが残ってる。




まだスマホに着信はない。



川畑さん、いや山中さんは忙しいのだろうか。



ベッドに転がってスマホを枕元に置いたと同時にメロディが鳴り響く。飛び起きてスマホを取り上げたら、川畑さんの名前が表示されている。



どくんと大きく胸の鼓動が弾けて、ついに来たという気持ちと共に緊張感が湧き上がる。



すうっと息を吸い込んで、ひと呼吸おいてから着信ボタンを押した。



「もしもし、川畑さんですか?」



川畑さんからだとわかっているのに聞き返すなんて馬鹿じゃない。自分でくだらないツッコミをしながら、何とかして緊張感を和らげようとしてみる。



「はい、川畑です。先日はありがとうございました。今回はどのような御用件ですか?」



あくまで事務的な淡々とした口調だけど、声は紛れもなく山中さん。似ているレベルではなくて、本当に間違いなく山中さんだと思う。




この作品のキーワード
結婚  失恋  ドン底  元カレ  契約  理想の恋愛  ニセ彼  代行  じれじれ  強がり 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。