結局、私は翌日も仕事を休んでしまった。
何かあったら連絡をしてほしいと山中さんに言われたけれど、連絡なんてできなかった。



重い気持ちを叱咤して出社すると、店の外で岩倉君が窓拭きをしている。先に私に気づいた岩倉君が脚立から降りてくる。



「おはよう、もう体調はいいの?」



相変わらず愛想の無い口調だけど、気遣ってくれる言葉が嬉しい。御礼とともに深く頭を下げた。



「おはようございます、御迷惑おかけしてすみませんでした。もう大丈夫です」

「よかった、無理するなよ」

「ありがとうございます、よろしくお願いします」



私が頭を上げるのを待たずに岩倉君が脚立の上へと登っていく。店内へ向かおうと背を向けた私を岩倉君が呼び止める。



「大隈さん、山中さんとはどういう関係? 何かあったの?」



振り返る間もなく投げ掛けられたのは思いがけない質問。ぞわりと体が固まって、足がすくみそうになる。
どう答えていいのかわからない。
本当に関係なんて何にもないし、単なる私の片思いでしかないのだから。



「どういうって? べつに何にもないし関係ないけど……」

「そっか、俺の勘違いかな……ごめん」



と言ったきり、岩倉君は目を逸らしてしまった。

この作品のキーワード
結婚  失恋  ドン底  元カレ  契約  理想の恋愛  ニセ彼  代行  じれじれ  強がり 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。