★★★★★
懸命に生きていれば、そこには
彼氏と別れた直後に親に結婚をせっつかれ、どうしようもなくなった主人公が選んだのは、彼氏の代行を頼むことだったーー

そんな展開から始まるお話は、決して主人公に優しかったり、都合の良い展開になるわけではなくて。人間関係の複雑さや冷たさ、会社のパワハラ。そして新たな職場での慣れない仕事や失敗。うう、と胸が締め付けられる。

けれど、そのどれもに対し、真摯で懸命に向き合い、選択をしていく主人公だったからこそ、切り開けた未来だったのかなと思います。謎に焦らされて読み進める中で、人物の気持ちの表し方や展開の丁寧さに、やっぱりこの作者さんだなぁと感じて、ほっこり。

これからの二人ももっと見ていたいなぁ。素敵なお話をありがとうございました。
かな
15/02/22 19:39

>>新着レビュー一覧へ