昼休憩が終わり、重い足取りでオフィスに戻る道すがら、真由に耳元で囁かれた。

「大丈夫よ、部長なら引き受けてくれるって」

どこか楽しそうなのは、真由が例の噂を信じているから。

部長が私のことを好きだと、真由はかなり本気にしているらしい。

だけど、それはあくまで皆の思い込みで、実際は違う。

だから、どうやって部長に話を切り出そう……。

と悩んでいると、昼一番からさっそく部長の怒号が響いた。

「おい! この資料はなんだ? 肝心の売上データがないじゃないか!」

営業さんに資料を突き返す部長を見て、すっかり尻込みをしてしまう。

こんな鬼部長に彼氏の振りをお願いなんてしたら、それこそ怒鳴られるかも……。

突き返された営業さんは、私と同じ一課の男性社員で、田中さんというひとつ年上の先輩だ。

私の斜め右にデスクがあり、うなだれて戻ってきた。

「はぁ……。ミスったな」

大きなため息と共に、パソコンと向き合っている。

「田中さん……。大変でしたね。部長も、あんな言い方をしなくてもいいのに」

フロアの中央にデスクをドンと構える若狭部長をチラッと見てから、田中さんに視線を戻す。

すると田中さんは、小さく首を振った。

「いや、オレはむしろ嬉しいけどな」