「本城、この企画書、頼んでたのとずいぶん違うじゃないか」

“部長”の顔の祐平は、相変わらず威圧感たっぷりに、私にUSBメモリを突き返した。

「すみません。そんなに違ってましたか? 私は、部長の指示通りに作りましたが……」

昨夜の祐平は別人かと思うくらい、目の前にいる人はいつもの鬼部長だ。

今朝も起きたら、挨拶もそこそこに、さっさと食べて出勤していたし。

昨夜のキスも優しい感じも、アルコールのせいだったのかな……。

「オレが指示したのは、プレゼンの印象に残る企画書だ。一辺倒な字体と写真の掲載じゃなあ……」

「一辺倒な字体……」

普段なら、もっと説明してくださいと食いつくところだけど、昨夜の祐平の言葉を思い出す。

私に、どうやったら伝わるんだろうって考えていると……。

そっか、祐平はきっとこの企画書の印象が薄いと、言いたいのかもしれない。

プレゼンをしたとき、この内容はどれだけ相手に響くか……。

「分かりました。もう一度作り直します」

そう言うと、祐平は表情ひとつ変えずに、パソコンに向き直った。