会社近くのカフェで、真由と昼休憩を過ごす。

サラダや魚料理のプレートランチを堪能しながら、真由に切り出された。

「香奈美、若狭部長となにかあったんでしょ? 最近、ちょっと部長に対する態度が軟化してるし、この間はワケありな言い方してるし」

「う、うん……。実は……」

祐平には話しができていないけど、そもそも彼に隠す気はない。

だから真由には真実を話そうと、同棲のことまで説明すると、彼女は口を手で覆うくらいに驚いた。

「スゴイ! 良かったじゃん。噂が本当になったってことね」

「ありがとう。ちょっと照れくさいけど……」

はにかむ私に、真由は笑顔を向けた。

「だけど、そうなったら、香坂さんのことは気になるね」

ミーティングのときの営業さんたちの噂話は、隣にいた真由も当然聞いていた。

だから、話さなくても私の不安は分かってくれている。

その心配りに感謝しながら、彼女から言われたことを話した。

すると、真由は途端に笑顔を消し、表情を曇らせた。

「それって、イヤな感じね。でも、本気なのかも分からないじゃない? ただの挑発かもしれないし、部長に相談した方がいいと思う」

挑発か……。

たしかに、本気で香坂さんが祐平を連れ戻そうとしているのか分からないし、肝心の祐平の気持ちを知らない。

「真由の言うとおり相談したいところなんだけど、今夜も祐平は深夜残業なの……」

と話したところで、声をかけられた。

「香奈美ちゃん?」