小倉百人一首


【第四十一番】




恋すてふ我が名は

まだき立ちにけり

人知れずこそ思ひ初めしか



壬生忠見






こひすてふ わがなは
まだき たちにけり
ひとしれずこそ おもひそめしか






この作品のキーワード
和歌  百人一首  短編  禁断の愛  王女    高校生  初恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。