小倉百人一首



【第八十九番】




玉の緒よ

絶えなば絶えね

ながらへば

忍ぶることの弱りもぞする 




式子内親王





たまのをよ
たえなば たえね
ながらへば
しのぶることの よわりもぞする









この作品のキーワード
和歌  百人一首  短編  禁断の愛  王女    高校生  初恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。