働いて初めての休みをもらい
街にでた。


久々の繁華街だったけど、
私は苦手になっていた。


早く買い物を済ませようと
呉服屋さんへ行った。



『いらっしゃいませ。何をお探しで』

店員に長襦袢と伝え、案内してもらった。
店員は私のことを覚えていたらしく
『前回っと同じ様なのをお探しで?』


何点か見ていると、1点に目が止まった。


綺麗な薄ピンクの桜がちりばめていた。

見た瞬間、あの新規客の笑った顔がちらついた。



これなら…と思い購入した。


いつもピンクなんで色は買わない。

ただ、あの客の笑顔が頭から離れない。


いつ来るかわからない客なのに…。


あー…。約束だからか。
約束が無ければ、街にすら出ないから。



そんなことを考えながら、家路についた。

この作品のキーワード
ヤクザ  純愛  年の差  風俗  優しさ  孤児  極道   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。