高層マンションの前で停まった。


何、このデカくて高そうなマンション…
まさか、ここに住んでるの?

そう思いながら、エレベーターに乗った。


そして、気がついた。
もう一人いる。

誰、この人。


ん?この人、助手席に座ってたかも。

私ったら周りのこと、何にも見てなかった…反省。


そう思ってると、エレベーターが最上階で止まった。


最上階…どんだけ金持ちなの?

一緒に車に乗っていた人がドアをあけ
『どうぞお入りください』

軽く会釈をして部屋へ入った。

この作品のキーワード
ヤクザ  純愛  年の差  風俗  優しさ  孤児  極道   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。