私の心臓は大丈夫だろうか…


雅樹に聞こえるくらいうるさい。


大東さんが戻ってきた。

『お待たせして申し訳ありません』

そう言うと車は走り出した。

マンション前に着くと大東さんが口を開いた
『美咲さん…確認させてください
お母様の処分なんですが…』

とても言いにくそう…

「大東さん!私には家族はいません。
だから、私は大丈夫です。」


そう言うと、大東さんは複雑な表情を浮かべていた。


それを聞いていた雅樹は
私の腰に手を回し、部屋へ歩き出した。


あの女や組長さんがどうなるかは
私にはわからない。

知りたくもない。


この作品のキーワード
ヤクザ  純愛  年の差  風俗  優しさ  孤児  極道   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。