大東さんの話は雅樹の実家のことだった。



雅樹は桐生組の若頭。

桐生組のは雅樹の実家。

組長はお父さん。
姐さんがお母さん。


雅樹は一人っ子。

雅樹は跡取。次期組長。


実家には組員さんが一緒に暮らしている。

雅樹と私が住んでいるマンションは
組のマンション。

下の階に大東さんと、もう一人の側近の方…雅樹の運転手さん。

その下にも組員さんが暮らしている。


沢田組のこともあり、組長や姐さんの耳には私の事が知れていると。


そして、雅樹が私の事を本気だということも…


私は雅樹を見た。


『…今まで女が居なかったわけじゃねぇ…ただ、まともに付き合ったことがねぇ。付き合う前に終わるからな…』


不思議に思うと、大東さんが補足してくれた。


雅樹に女が寄り付くと、雅樹のお母さんが排除すると。
自分の目で見て、確かめてから雅樹に合うかを見定めると言う。


『俺の知らないところで、お袋は動くから、いつも俺は何もできないでいた…けど…お袋の目は確かだ…』


大東さんが言うには、近づいてくる女には地位や金が目当て、雅樹のことをちゃんと見ていない。


「お母様は、雅樹と桐生組の事を守ろうとしたんだね…凄いね!」


そう言うと雅樹と大東さんが、不安そうに私を見る


『美咲さん…姐さんはあなたの存在を知っています。』



その言葉に、ゾッとした。

この作品のキーワード
ヤクザ  純愛  年の差  風俗  優しさ  孤児  極道   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。