……ぎり、……たぎり……。


「片桐!」

鋭く私の名前を呼ぶ声が耳に飛び込んできて、びくっとして顔をあげる。

「話聞いてたか、お前。ぼけーっとするな」
「すみません」

これから私が内装を担当するカフェのオーナー夫妻との、初めての顔合わせだった。

気を引き締めていかなきゃいけないのに、思考が違うところへ飛んでいた。

「どうした、体調でも悪いのか?」
「いえ、少し考え込んでただけです。大丈夫です」

ならいいけど、と平山さんがまた、資料に目を落とした。いけない、せっかく抜擢してもらったのに、こんなのじゃがっかりさせてしまう。


そろそろ時間だ、という頃に、ミーティングルームのドアがノックされた。受付の女の子に案内されて入ってきたのは、穏やかそうな雰囲気の、三十代後半くらいのご夫婦。

「お待ちしておりました。今回内装のコーディネートを担当させていただきます、片桐です」

立ち上がって名刺を差し出す。隣で平山さんも私に倣って挨拶を済ませた。
あくまで担当は私だけど、平山さんもアドバイザーとしてついてくれて、初回だけ打ち合わせも同席してくれることになった。

この作品のキーワード
美容師  三角関係  年の差  アラサー  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。