出社した私を待っていたのは、お話があるんです、という絵里ちゃんのうるうる攻撃だった。


内心メンドくせ、と思いながら、ここで無下に扱えばきっとあることないこと噂されるんだろう、と諦めて、おとなしく絵里ちゃんの後をついていく。

あの悪夢の給湯室で、彼女はうるうるおめめはどこへやら、えらく強気な態度で私に言った。

「なんだか中途半端だったのではっきり確認させてもらいたいんですけど。
沙羽先輩と木下さん、別れたってことでいいんですよね?」

ここで確実にトドメを差しておこう、という魂胆か。そんなことしなくても、もう完全に祥裄の気持ちが私から離れていったのはわかるだろうに。

この作品のキーワード
美容師  三角関係  年の差  アラサー  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。