「来週の日曜日、って夜、予定ありますか?」


日曜日、という言葉に、心がどきん、と音を立てた。

その日は、私の三十歳のバースデーだ。


「ないよ、空いてる。日曜日なんて珍しいね」

今年は一人ぼっちで寂しく過ごすか、良くて瑞香を呼び出すかのどっちかだと思っていた。
偶然とは言え大輔くんと過ごせるのなら、こんなに嬉しいことはない。

「他の日、意外と忙しくて。日曜なんて沙羽さんの予定が入ってるかな、と思ったけど、空いてて良かった」

にこ、と笑って髪を離した。

離れていく手に名残惜しさを感じながら目で追うと、大輔くんは立ち上がって、私の手から空になったマグカップを抜き取った。


「そろそろ帰りましょうか。送ります。
……なんですけど、沙羽さん、荷物どうしたんですか?」

はっ、として時計を見た。すでに結構な時間が経っていた。
マズイ、みんな帰ったかも!


「家の鍵とか全部会社に置いてきたんだけど……もう閉まっちゃった、かな?」


引きつった顔で疑問を投げかける私に、大輔くんは目を丸くして、あー、となんとも言えない声を出した。


「とりあえず、会社、行ってみましょうか。

……もし閉まってたら、俺の部屋でよければ、泊まってください」

この作品のキーワード
美容師  三角関係  年の差  アラサー  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。