「えーっとですねぇ」
「ん?」
「どうしてこんな事になってるんでしょうか?」
「さぁ?」
「…さぁ?って……えっと、じゃあ…とりあえずソコ、退いて頂けますか?」
「…ん?それは無理」
「無理って……あの、じゃあどうしたら…」

あたし、高瀬千佳は今、なぜか自分を真上から見下ろしている男 ―― 友人であるはずの杉野憲次に言葉を掛ける。


動揺のあまり敬語になってしまうくらいのあたしとは裏腹に、あたしを押し倒している張本人の憲次は、さっきからずっと、暖簾に腕押し状態でニヤニヤと笑うばかりだ。



この作品のキーワード
大学生  同級生  強引 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。