「これがコタくんと私の1年間のお話よ」


「コタくんは卒アルに何て書いてくれたの?」


「…何も当たり障りのないメッセージよ。



「そっか…」


「…さぁ、これで話は終わり。晩御飯作らないと」


カップから手を離し、席を立って台所に立つ。


さっきまで自分の青春を話して若返った気分から一変、自分が40歳だったという現実に戻る。



「いやいや、話はまだ終わってないだろ。

なんでコタくんは泣いたの?
両思いだったんじゃないの?
そもそもなんで、その日が2人の最後だったんだ?」


「それは……」


ここまで話しておいて蒼が気になるのも無理もない。

でもこれ以上は…


「コタくんと花梨は両思いだったよ。

でも、コタくんは花梨の気持ちには応えられない理由があったんだよ」


「父さん…」


「あなた…」


会社から帰宅した夫は私が悩んだ応えを口にした。


「父さん、帰るの早くね?まだ17時だけど」


「今日は外回りして直帰だったんだよ」


「ごめんなさい、まだご飯できてないの」


「まだ早いし、お腹減ってないから大丈夫。

おつまみはある?先に晩酌してるよ」


「え、えぇ」


「着替えて来るから準備よろしく」


そう言って一旦リビングから去って行ったが、すぐに部屋着になって戻って来た夫はゆっくりと席に座った。