1時間後。

広いリビングに家中の人たちが集まった。

「詩音。これは何なの?」

涙を瞳に溜めた友美が詩音をみた。

詩音も叶亜の言うことを聞いただけだ。

「分かんない」

それしか答えられなかった。

「くっっだらない!!」

ソファに座っていた愛子が立ち上がる。

この作品のキーワード
推理  探偵  喫茶店  毒舌  紳士  遺産  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。