詩音は一人、部屋のバルコニーにいた。

欄干に腕をかけ、眼下に広がる黒い海を見つめる。

「……何なのよ。みんな、みんな……遺産のことばっか。」

お金が関われば人は変わる。

あんなに優しかった母も、今はただの金に狂う亡者。

優しい母の姿など、今は微塵もない。

そういえば、前に母とこんな話をしたのを思い出す。

この作品のキーワード
推理  探偵  喫茶店  毒舌  紳士  遺産  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。