あれは、私が15歳の頃。

反抗期真っ只中で、女を度々作ってはお母さんを悲しませる父を憎んでいた。

「女と付き合うのもいい加減にしなよ!」

何度も父に言った。

私の中には父に育てられた、大事にされた記憶がない。

小さい頃も、そのときも、そして今も、

私は父に優しくされたことなんてなかった。

この作品のキーワード
推理  探偵  喫茶店  毒舌  紳士  遺産  謎解き  ミステリー