やっぱりこうなると思った。

詩音は自分の部屋のベッドに腰を下ろした。

淡い青を基調とした部屋に家具。

キラキラと光るシャンデリアに、大きなカーテンつきのプリンセスベッド。

バルコニーもあり、眼下に広がるコバルトブルーの海が絶景だ。

ここに帰るといつもこの景色で癒されているのだが、今日は違う。

叶亜がバルコニーから海を眺めていた。

この作品のキーワード
推理  探偵  喫茶店  毒舌  紳士  遺産  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。