「そんなっ……!!どうしてっ……」

友美が涙を流しながら、大司の遺体にすがりついた。

「大司さん!大司さん!」

愛人である愛子も駆けつけ、涙を瞳に溜めている。

「警察だ。」

そう言って、部屋に警察が入ってきた。

鑑識が遺体から友美と愛子を離す。

この作品のキーワード
推理  探偵  喫茶店  毒舌  紳士  遺産  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。