部屋に戻ると、詩音のベッドでエルが寝ていた。

その顔はすごく穏やか。

でも、エルの頬には涙が流れていた。

「……一人で寂しかったの?」

「違うよ」

叶亜が詩音の言葉を否定した。

「エルは、人間の心とシンクロできるんだ」

「人間の心と……シンクロ?」

この作品のキーワード
推理  探偵  喫茶店  毒舌  紳士  遺産  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。