生徒と教師の恋なんて、小説やドラマの中の話だと思ってた。

 そもそも、生徒をそういう風に見るなんてあり得ないしダメでしょう。


「先生のこと、好きだよ。先生は?」
「え……!?」


 夕方の教室。部活動に励む生徒達の声を遠くに感じながら、男子生徒に告白された。

 ベタでありふれてて、だけどときめかないわけがない理想的なシチュエーション。相手が、七つも年下でなければ。


「恋の仕方なんて、もう忘れたよ」

 何もかも自分への言い訳だった?

「心じゃなく頭ばかりで考える。こんなの恋じゃないよ……」



 ――私が、比奈守君と同じ高校生だったら良かったのに……。

 真っ先にそう考えてしまう自分が、なんだか悲しかった。









2015.01.11~2015.04.23
 

この作品のキーワード
オトナ女子  ヤキモチ  教師  生徒  禁断  年の差  葛藤    ときめき  年齢差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。