俺は、どうしたんだ。

この作品のキーワード
少しグロ