お互いが大学生だった時の、就職活動時の三次面接の控え室で隣に座ったのがきっかけ。
俺はなんか、もうここまで来たら運だし、とか思ってボーっとしてたのに、隣に座ってる女はほんと落ち着きがなくてちょっとイラッとしたくらい。


激しく深呼吸とかしてるのが気になってチラッと様子を窺えば、リクルートスーツっていう色気なんか無縁のスーツ姿の女に、俺の視線は釘付けになった。




それまで、どちらかと言えば年上のお姉さんタイプが好みだった自分が、幼い顔をした女の顔をボーっと見つめたりなんかして。
余りにもジッと見ていたせいか、自分の両手を口許に当てていたその女が、くるっと俺の方を向いて視線がかち合う。



「緊張するね」

へにゃ、っと緊張感のない顔で笑いかけてきたそいつに、ハッキリいって俺は一目惚れをしたんだと思う。





この作品のキーワード
大学生  就活  一目惚れ  遠距離恋愛  遠恋  プロポーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。