朋子と裕太がデキていた。

そんな一大事を私は3ヶ月も気づかなかったらしい。

バカ。私のミラクル大バカ。

親友ともいえる同期入社の前嶋朋子と、交際2年半の彼氏・三川裕太。

二人はいつの間にやら、仲を深め、私を裏切っている甘美な罪を共有していた様子。

もー、わけわかんない。
許せないより何より、まだ信じたくない自分がいる。

最低最悪な事実が私にもたらされたのは、約24時間前。


昨日の午後、朋子がお茶に誘ってきたのだ。

部署が違う私たちは、帰宅時間を合わせるのが難しい。
それでも「つぐみちゃんが終わるまで待つよ」と気弱そうに微笑んだ朋子。

何かあるのかな?とは思った。
夕飯ではなく、お茶の誘いなのも奇妙ではあった。

この作品のキーワード
大人の恋  上司  部下  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。