あの時、もう一つの道を選んでいたらどうなっていただろう。

必ず誰もが考えること。

幸せになっていたのだろうか、不幸になっていたのだろうか。

大体は考えるだけで終わるのだが、どうしても‘その時’に戻りもう一つの人生を見たいと思う人が存在する。

その人たちを迎える本屋があった。

創業110年にもなる古書店――記憶堂書店。

三代目店主の柊木龍臣は今日もまた記憶の本を手に取る。


「過去は変えられません。しかし、選ばなかったもう一つの人生を視ることは出来ます」





この作品のキーワード
記憶  古書店  幽霊  切ない恋  イケメン店主  三代目  人生  やり直し  恋心  恋愛