――新選組――

幕末、京の治安を守るために結成された武装集団


その局長たる近藤勇に最も愛され、

副長、土方歳三に最も信頼された男


山崎烝


幹部の多くが東からの人間で固められた中、上方出身でありながら入隊間もなく諸士調役兼監察を任される程に有能

温順にして無口

棒術に長け、土地に明るく医術に優れたその男は新選組の中でも重宝されていたとされる



そんな男が何かを失い、

得るまでの物語




***


とかなんとか言ってますが、シリアスと悪ノリごちゃまぜです


烝さん目線故に関西弁多用してます

タイムスリップ娘も登場。ですが逆ハーではありませぬ

結構マニアック、しかし決して本物でない微妙な江戸時代の暮らし

年齢は数えではなく実年齢(とされるもの)

新選組の出来事はほぼ史実に忠実(ストーリーに都合の良いものをチョイス)ですが、烝さんに関しては妄想を絡めてのお届け。あくまでフィクションです



某所で歴史カテ二位になりました


幹部の影に隠れてあまり知られていない彼

そんな彼をもっと世に知らしめたいという思いだけで書いた小説です←


未だかつてない視点で描いた幕末新選組物語をどうぞ



この作品のキーワード
新選組  新撰組  山崎烝  山崎丞  幕末  恋愛  純愛    トリップ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。