胸が隠れる少しゆるめの黒い半袖シャツに、ポーチ付きの革のベルト。ショートパンツはカーキ色で、靴はしっかりとした編み上げの革製ブーツ。防具には、胸当てと肩当てもつけてる。膝も防具を当ててるから。ニーハイブーツみたいになっちゃった。


そんな旅装の上から丈の短めな白いマントを巻いてみました。


……で。


「また、思い切ってばっさりいきましたねえ」


気のせいか、レヤーが半目であたしを見てる。


「別に、いいじゃん。暑くてうっとおしかったから、ちょうどよかっただけだし」


あたしは短くなった髪を撫でて、へへッと笑う。レヤーはあからさまにため息を着くけど……。


「和さんのいた日本では、確かに昔より“女性はロング”って固定観念は薄れてますけど。よかったんですか? 綺麗な黒髪だったのに」

「いいって、いいって! 気分を一新したかっただけだし。ちょうどショートにしたかっただけだから」


ははっ、と笑った笑顔は自分でもわざとらしいと思う。だけど、空元気でも見せないとやってられない。


あたしがセミロングだった髪をばっさり切ってショートにしたのは、旅に出る男装(兼変装)のためと。


……セリスに抱いていたかもしれない淡い気持ちを捨てるため、だった。


この作品のキーワード
恋愛  ファンタジー  異世界  皇子  王子  イケメン  運命  初恋  努力  根性 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。