家に帰ると
玄関先で赤いジャガーのお出迎え。

カンベンしてくれ。

「日替わりで彼女作ってんのか?」

ダブレットをいじりながら俺にツッコむ中年医師。

「えーっ颯大モテモテー」
台所から顔を出す母親の目が輝いてる。

マジやめて……って母さん、仕事は?

「パートは?」

「今日は午後から休み。6時から学校で臨時保護者会あるって上から聞いたからね。あんた紙を出しなさいよ!」

上からって……さすが小さな町。
学校からプルミル工場にも連絡行ってんのか?

俺のカバンを奪おうとするので、阻止して保護者宛の用紙を提出。

母さんは「よしよし。颯大はいっつも終わってから出すから油断ならない」と、ブツクサ。

うん。何も言えねー。

今日の帰り
学校から渡された紙。

「ウサギ事件か?」
智和おじさんが口を挟む。
もう町中に広がってんだろう。

「めんどうな事件だな」

智和おじさんの手元を覗くと
タブレットには例のドロン山のサイト。

おどろおどろしい山が暗く冷たく写ってる。

公園から見える山は
青い空もオレンジ色の黄昏も良く似合う
綺麗な山なのに

こんなサイト作りやがって

「山の画像がまた変わって、閲覧数も増えてるようだ」

「管理人はまだ捕まらないの?」

「逃げ足が速いんだろねー」

「どんな顔でサイト開いてんだろ」

「ただ楽しいだけ」

サイテーなヤツだな。

俺は溜め息をして二階に上がり
自分の部屋のベッドに沈み込む。




この作品のキーワード
高校生  田舎  幼なじみ    転校生  双子  風習  ブラック15  男子目線