3

翌日。

当麻と優衣は大西高校の校門前にいた。

昨日の留衣の自殺について、全校集会が行われているらしい。

そのため、中に入ることができない。

「……容疑者は四人、か。」

「え?」

突然当麻が呟き、優衣は目を丸くする。

でも、その言葉の意味はすぐにわかった。

この作品のキーワード
推理  殺人  七不思議  自殺  いじめ  探偵事務所  探偵  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。