「別に。そんなことありませんよ!それより、そのビニール袋の中は?」

「変装道具です。お二人の」

後部座席に座る当麻が富山の問いに答えた。

皆藤が中身を取り出すと、サングラスやカツラ、帽子などが入っていた。

「変装する必要あります?あっちは、僕たちの顔なんて知らないんじゃ……」

「安藤会は、利口な組織ですよ。警察の顔くらい、知ってるでしょう」

当麻の言葉に「なるほど……」と呟き、サングラスと帽子をつけてみる。


この作品のキーワード
推理  殺人  七不思議  自殺  いじめ  探偵事務所  探偵  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。