正直いうと、鑑識にはあまり行きたくない。

でも、仕事だし……。

富山は乗り気ではないが、『捜査だ!』と心のなかでカツをいれ、車を発進させた。


署に近づくと、皆藤が顔を青ざめさせ、富山に耳打ちした。

「……おい。鑑識って……」

「は、はい……。あの方が、います」

全身に寒気がはしるのを感じた。


この作品のキーワード
推理  殺人  七不思議  自殺  いじめ  探偵事務所  探偵  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。