ドイツに来て半年。自分と向き合うなんて言って、結局隼人さんに甘えたまま、なんとなく緩やかに時間が過ぎてしまった。

 ここ最近はずっと花ちゃんと一緒に料理教室に通っている。

 料理教室と言っても、以前ホームパーティーに誘ってくださったシュルツさんの奥様、レベッカさんが自宅を使って趣味で開いている料理教室だから、とても家庭的な雰囲気で通いやすい。

 花ちゃんが行きたいって言い出したから、一緒に通い始めたけれど、ホームパーティーの料理はとても美味しかったし、こんなドイツ料理を作れるようになりたいって思っていたから、誘ってもらえて嬉しかった。

 それに、すごく楽しい。

 みんなで笑ってお喋りしながら美味しい料理を作って覚えて。こんな風に何の壁もなく楽しい時間を人と過ごすなんて、昔の私では考えられなかった。

 何でも実際にやってみないとわからないものだなと思う。それに、私自身、少しずつ変わりつつあるのかもしれない。

 でも、レシピを細かくノートに書いていたら花ちゃんに「雪菜は真面目すぎるよー」なんて言われてしまった。

 そういうところは変わってないのかな?でも、せっかく教えてもらってるんだから、レシピ覚えて帰りたいもん!

 ドイツ料理では、じゃがいもとお肉をよく使う。特にじゃがいもは付け合わせの常連。

 私のお気に入りはカルトッフェルプッファーというポテトパンケーキ。すりおろしたり刻んだりしたじゃがいもを、フライパンで揚げ焼きにしたもので、ハッシュドポテトに似ている。

 揚げ焼きにすると油をたくさん使うから、自分で作る時は蒸し焼きにしている。カリッと感には欠けるけれど、この方がしつこくなくて私は好き。

 他にもクヌーデルというじゃがいもを団子状にして茹でたものも美味しい。

 どちらも付け合わせとして教えてもらったけれど、お肉にもお魚にもよく合う。

この作品のキーワード
夫婦  海外  ほのぼの  いちゃいちゃ  妊娠  独占欲  王子様  主婦  トラウマ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。