勢いで作ってみたけど・・・喜んでくれるかな・・・
出来上がったモスグリーンのマフラーを握りしめ
私は立ち上がると、姿見の前に立ち、出来上がったマフラーを首に巻いてみた。
出来上がるまで何度このマフラーを首に巻いただろう。
巻いては長さを確認して編むという作業を何度も繰り返した。
私の身長からしたらこのマフラーの長さはかなり長い。
でも小牧君は私より15センチ以上高いからこのくらいでいいよね。
何度も何度も自問自答しながら私は出来上がったマフラーを
ラッピングした。

「できた・・・」
時計を見ると約束の時間まであと1時間。
今から急いで準備しないと!
私は昨日の夜、何度も服を当てながら決めた服に着替えた。
普段、制服以外あまりスカートをはかない私だけど
今日は少しでも大人っぽく見えるようにと
頑張って霜降りのゆったりめのセーターに黒の短めのフレアスカート
姿見の前何度もチェックを入れる。
そして買ったばかりの少し濃いめのリップを唇に塗る。
普段薬用リップしか塗らないから
色のついたリップクリームなんか塗ったらなんて言うかな・・・
それだけドキドキしてきた。

親には香織の家でクリスマスパーティーをするから
泊ると言ってある。
こんな嘘をつくのは生まれて初めてだ。
小牧君と付き合う様になって、帰宅時間が1年の時より遅くなっる事を
親は心配していた。もちろん親は私が小牧君と付き合っているなんて
知らない。
図書館に行って勉強したり、友達とおしゃべりしていると言ってある。
だから勉強は頑張った。成績が下がらなければ多少帰りが遅くなっても
必要以上にがみがみ言われないから。

支度を整え玄関でブーツを履いていると、母が私の後ろにいた。
気をつけてと言う母に笑顔で行ってきます。
と言いながらも心の中で少しだけ罪悪感を感じながら私は家を出た。

この作品のキーワード
地味子  すれ違い  勘違い  再会 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。