12月31日と1月1日をおばあちゃんの家で過ごし2日の朝
友達と初詣に行くからと親に頼みこんで帰って来た。
帰る途中、車の中で小牧君にメールを入れた。
『今帰る途中、もし会えるなら会いたい』・・・と
もしかしたら既に初詣に行っているかもしれない。
それでもよかった。
だって小牧君に会えればよかったのだから・・・
こんなに長い時間会えなかったのは初めてだ。

返事はすぐきた。
「待ってる。一緒に初詣に行こう」
うれしさのあまり運転している父に
もっとスピードを上げてとお願いした。

家に着くとすぐにメールをした。
約束の場所は私の家の近くの神社だった。
小牧君から少し遅れるとメールが来た。
それでも私はすぐに会いたくてすぐに家を出た。

時間は4時を少し過ぎた。
日も落ちてきて神社は落ち着いていた。
元々大きな神社じゃないから
参拝者も地元の人ばかりだ。隣には小さな公園があり
小学生・・・高学年くらいの子たちが何だかバンバン撃って
遊んでいる様だった。
私の兄も昔、エアガンにハマって家の中でも
バンバンBB弾を撃って母さんに怒られていたっけ・・・
私はそんな事を思い出しながら
小牧君が来るのを待っていた。

5分・・・10分・・・
来ない。
少し遅れるって言ってたからもうすぐかな・・・
待ってる時間は嫌いじゃないけど会いたい気持ちが大きくて
ついわがままになる。
フフ・・早く会いたいな・・・
頭の中は小牧君の事でいっぱいだった。

この作品のキーワード
地味子  すれ違い  勘違い  再会 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。