明治時代、








「…何でこんなところに…?」











そう言って道に落ちていた扇子を拾ったのが運の尽き。

次の瞬間、扇子が爆発!?

白い煙の中から出て来たのは…







少し大きな日本家屋に住む少女
×
付喪の神々








さぁ、どんな物語が始まるのでしょうか。明治中期の舞台、物語の始まり、始まり


……..... . __




どーも、蘭桜姫です



悪魔ちゃんが終わって番外編を考えているところ、新しく作った馬鹿で御座います。


和風ファンタジー書きたいなー、と思ってですね…。


最初は普通のファンタジー書きたかったんですけど…、その内また新しく掛け持ちするんでしょうね。←


この作品も宜しくお願いします。m(_ _)m




Next!!↓

この作品のキーワード
つくも  九十九  付喪神  明治 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。