―――― 5. 着信はシベリアンハスキー


あれから、笹岡さんには皆口さんのことを報告して…。

皆口さんのほうは、私とは営業部で顔を合わせるときに挨拶する程度で、押しかけでお弁当を持って現れることは一切なくなった。


そうしてしばらく時が経ち、笹岡さんと清瀬さんは、仲直りをしたのか……
その後どうなったかなんて、二人とはそんな話をしていないからわからない。

清瀬さんとは同じ部にいながら普段からあまり接点がないから、それは本当に救われている。

そして、風見さんに何か被害が及んでいる、ということもなさそうだ。


仕事面でも、風見さんが塚原さんのフォローにまわることも、3月に入ってからなくなったと聞いた。

やっぱりうちのチームにはリーダーとして風見さんにいてもらわないと、仕事がうまくまわらないと思うし、以前の形に戻れるのが嬉しい。


だけど女にとって、恋愛に関して不安はつきもの。
些細なことで、いつだって不安になる。


私も一応、その例に漏れず……
いや、人より恋愛経験値の低い私は、その不安も人より大きいのかもしれない。


この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  地味子  ラブコメ  不機嫌  無愛想  天然  不器用  純真 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。