―――― 8. らしくありません



「あ、待って!」


仕事を終え、帰宅するため下に向かうエレベーターに乗り込んで扉を閉めようとすると、バタバタと走ってこちらに向かってくる人の姿が見えて、慌てて私は「開」のボタンを押した。


「ありがとう、緒川さん。」


滑り込むようにエレベーターに乗り込み、にっこりと私にお礼を言ったのは、塚原さんだった。


「お疲れ様です。塚原さんも今日はもう帰るんですか?」


ダッシュで走ってきたからか、少し息を切らしながらも、塚原さんがコクリと首を縦に振った。

私たち二人を乗せたエレベーターが、ゆっくりと1Fへ向かって下降し始める。


「風見さんが忙しそうだから、私に何か出来ることがあったら手伝いますって言ったんだけど。
手伝わなくていいから帰れって、追い返されちゃったわ。」


おどけるように肩をすくめ、塚原さんが残念そうに苦笑う。
確かに風見さんならそう言いそうだ。

この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  地味子  ラブコメ  不機嫌  無愛想  天然  不器用  純真 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。