―――― 9. 俺にとってアイツは…


定時で何とか仕事を終えて、マーケティング部の外へ出ると、待ってましたとばかりに営業部の田中に捕まった。

冗談じゃなくホントに迎えに来やがったな、と呆れつつ、田中と共に俺は会社をあとにする。


「駅をはさんだ反対側にある料亭ですから。」


歩きながらの田中のその言葉に、俺は無言で首を縦に振った。

言われなくてもそうだと思った。
そこは俺も以前に何度か訪れたことがあり、営業部の接待で“料亭”と言えば、十中八九そこだ。


今日の夜は、アイツと飯を食う約束を前々からしていたが。
定時を迎える少し前に、予約していたレストランにキャンセルの電話を入れておいた。



『接待よりデートを選ぶなんて、風見さんらしくありません。』


――― ふざけんなよ。無理しやがって。


『風見さんはやっぱり、不機嫌でぶっきらぼうで…無愛想で偉そうにしてなくちゃ。』


――― 今にも泣きそうな顔して、何言ってやがる。

この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  地味子  ラブコメ  不機嫌  無愛想  天然  不器用  純真 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。