―――― 10. 全ての感情を、あなたと



今日は3月14日。
密かに楽しみにしていたホワイトデーだったけれど。

風見さんとのデートはJ&Uの接待により、中止になった。


私が自分から、接待に行ってくださいと風見さんに進言したというのに。

気を抜くと自然と暗~い溜め息が漏れてしまう。
ダメだな。こんなんじゃ、社会人失格だ。


「まだ帰らないの?」


不意にそう声をかけられて、ボーっとただ見つめていたパソコン画面から顔を上げると、私のデスクの脇に染谷さんが立っていた。

時計を見ると、すでに定時から20分ほど過ぎている。


「あぁ……もうこんな時間だったんですね。」


そういえば隣の笹岡さんがさっき、「お先に。」って私に声をかけて帰って行ったような気がする。

首を伸ばして藤野くんのデスクを見ると、そこには居なくて綺麗に片付けられていて……。
あぁ、そうか。藤野くんは今日は外出先から直帰だ。



この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  地味子  ラブコメ  不機嫌  無愛想  天然  不器用  純真 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。