―――― 3. 綺麗な薔薇には強烈な棘がある



「清瀬、悪いがこれを企画部の部長に届けてくれないか?」

「…はい。」

「それと、第二営業部の小谷に、昨日言ってた書類を早く寄越せって催促してくれ。」

「わかりました。」


いつまで俺は、隣のチームの仕事を手伝えばいいのか……


俺が手を出しすぎるのも良くないのはわかってる。

だが、塚原はまだ自分のことで精一杯だ。
自分から仕事の指示を出して、同じチームで働く人間を動かすことには、まだ時間がかかっていて。


全体を見る余裕がないというか、……要するに、要領が悪い。


この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  地味子  ラブコメ  不機嫌  無愛想  天然  不器用  純真 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。