―――― 4. 永久不変のぬくもり



「あの、すみません! 緒川さん!」


営業部へ届け物があって。
その用事を済ませた私がマーケティング部へ戻ろうとすると、通路で呼び止められた。


何気なく振り返った私は、そのとき何の心の準備もしていなかったから、視界に入ってきた人物に驚いて思わず目を見開いてしまった。

私を呼び止めたその人物こそ、例の弁当女子・皆口さんだったからだ。


パタパタと駆け寄って来られたけれど……
どうしよう、動揺して自然と目が泳ぐ。


「あのぅ……」

「…はい。」

「呼び止めてしまってすみません。
緒川さんって、笹岡さんと仲いいんですよね?」


何となく、こういう予感はしていた。
仕事以外の話なのだとしたら、笹岡さんの話しかないじゃないか。

私はそんな皆口さんの問いかけに、ブンブンと慌てて首を横に振った。


この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  地味子  ラブコメ  不機嫌  無愛想  天然  不器用  純真 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。