彼女をランチに誘った。

課を出る時、麗華がニヤニヤしてたが・・・

無視して出て、近くの店に入ったんだが・・・

2人きりだと、何を話せばいいかも思いつかず・・・。

注文すると彼女から声をかけられた。

タバコを吸いながら話すと―――

あいつらの家にお邪魔したと・・・。

愛羅が可愛いと言う。

この作品のキーワード
オフィスラブ  鬼部長  結婚  出産  育児  ラブラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。