まさか、家まで来るとは思わなかった。

でも、1人より良かったと思った。

待ち伏せされていて驚いた。

三沢部長にその場をお願いし、麗華さんと部屋の中に。

「大丈夫?」

「・・・はい」

「さぁ、荷物、詰めるわよ。しばらく、うちにおいで」

この作品のキーワード
オフィスラブ  鬼部長  結婚  出産  育児  ラブラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。