幼なじみの悠(ユウ)と怜奈(レナ)は、
互いに想いを寄せ合いながらも
離ればなれになった10年の時を経て再会し、
別れと涙を乗り越え結ばれた。

幸せに暮らす二人を突如襲った
二人を引き離そうとする人物の陰謀、
マスコミ批判や世間のバッシング、
ユウの事故による大怪我や、
あまりに重いユウの出生の事実や
ユウが長年抱き続けた苦悩を乗り越え、
人生において無くてはならない存在だと
お互いに確かめ合った二人は
温かい家族や仲間たちの祝福の元、
生涯をともにすると誓い合った。


結婚式を挙げたばかりの新婚の二人の前に
愛しい人の過去の相手が突然現れ、
知りたくもない過去を知った時
隠していた不安が大きくなって
二人の気持ちをかき乱し…。


当たり前過ぎる日常の中の小さな不安や
そばにいるからこそ生まれる小さな不満を
どう乗り越えていくのか?


新婚だからこその相手への遠慮や我慢を
どう克服していくのか?


少しずつ“夫婦”になっていく
新婚の二人を
どうぞ温かく見守って下さい。

ユウとレナの定義シリーズ3作目です。

1作目
『恋の定義──そして今日も、君を想う──』

2作目
『結婚の定義──君と僕を繋ぐもの──』

是非、こちらも併せてお楽しみ下さい。



この作品のキーワード
幼なじみ  純愛  新婚  夫婦  あまあま  すれ違い  過去    嫉妬  バンド 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。