紗世は時々、結城は霞を食べて生きているような気がする。

黒田と入った喫茶店は、会社ビルから5分と離れていない小さな店だ。


「由樹、最近あまり眠れてないみたいなのよね。眠剤ってわかるかしら?」

注文したランチを食べながら、黒田がポツリポツリと話す。


「時々、睡眠導入剤飲んでるみたい。嫌がらせが酷いらしいの。あなたは大丈夫?」


「わたしはとくに何も……結城さん、何も話してくれないし」

黒田が考えこむように手を止める。


「由樹は話さないと思うわ。あのね、私が担当してる先生から聞いた話なんだけど……」


黒田が声のトーンを下げる。


「先生の所に出入りしている業界人が、由樹の噂を吹聴してるらしいの。『結城由樹は原稿もらうために作家と寝てる』とか、『口述筆記って言いながら、ゴーストやってる』とか」

この作品のキーワード
オフィスラブ    イケメン  クール  ゴースト疑惑  胸キュン  俺様  秘密  病弱  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。