「嬉しかった。お前の応援歌」


湊くんがぽつりと言った。


私の脳内に屋上での出来事がフラッシュバックする。


そ、そういえば、私……。


湊くんに抱き締められたんだっけ?


ますます顔が赤くなっていく。


見られないように、うつむいて顔を隠す。


「お前の歌で俺はやる気がでた。……やっぱお前、歌手の才能あるよ」


「ほ、ほんと?」


顔をあげ、湊くんの方をみる。


パッと合う目。



この作品のキーワード
野球      切ない  高校  青春 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。