俺と兄貴は父親が違った。


兄貴の父親は離婚して、それから男手ひとつで兄貴を育ててきたと聞いてる。


俺の母親は早くに亡くなっていて、
兄貴の母親と俺の父親が再婚して、俺と兄貴は出逢った。


兄貴は母親がちゃんとやれているか、それが心配で小学6年生の頃、一人で俺の家までやって来た。


2つ下の俺にも優しかった。


そんな兄貴の得意なこと、それが野球。


俺は兄貴のしていた野球に惚れ、兄貴から野球を教えてもらっていた。


野球だけじゃない。勉強も、社会の常識も、親じゃなくて全部兄貴が教えてくれた。


小学生の頃、中学生の不良の奴らと喧嘩したときも、兄貴が俺に内緒で俺の代わりに謝って、「ふざけんな」って不良の奴らに暴力をふるわれていた。



この作品のキーワード
野球      切ない  高校  青春 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。